• ホーム
  • シミのない肌をつくるトレチノインの効能

シミのない肌をつくるトレチノインの効能

子供の頃から顔にそばかすがある、若い時に日焼けをし過ぎてシミが出てきたなど様々な悩みがあると思います。シミやシワなど肌トラブルにはビタミンが良いと言われていますが、なかなか効果的な方法ができないのも現状です。人それぞれ肌質が違うように、シミやシワなども症状によって美容化粧品や医薬品など効果的な成分が違ってきます。

自分自身の肌質がどのような状態で、適切なスキンケアができているのか知ることが大切です。そしてニキビなど肌トラブルが起きた際には、どのような有効成分が必要かを知り、それにあった化粧品や医薬品を取り入れる必要があります。

漂白剤とも言われているハイドロキノンは、メラニンの予防や改善効果が期待できることから、シミやニキビに効果的です。また、美白有効成分としても高い効果を発揮します。このハイドロキノンは効きすぎるという理由から、処方や使用には注意が必要と言われているのです。

かつて高濃度のハイドロキノンを長期的に使用したことで、白斑になった人がいました。そのため、適切な用法用量で短期間の使用が好ましいとされています。皮膚科など医師の処方で使用することができますが、市販で購入できる化粧品もあります。

ハイドロキノンには副作用などが見られることから、市販の化粧品などに配合するのは危険であると言えます。しかし最近では各コスメ企業が先端の技術を利用して、この成分を安全に安定化させることができました。市販のスキンケア化粧品には安定化ハイドロキノンが配合されており、刺激も少なく作られているので安心です。日本の化粧品には、この成分の濃度に対する制限が設けられていないので、各化粧品の配合されている成分や量を必ずチェックする必要があります。

同様にシミやシワなどに効果的な成分として、トレチノインがあります。このトレチノインはビタミンAの誘導体で、アレルギー反応などの心配がありません。アメリカではニキビやシワの治療薬として認可されています。若返りの薬として、美容面でも注目されている成分なのです。トレチノインを使用することで、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出します。多くのシミは、表皮の奥深くの基底層周辺にメラニン色素が沈着することで発生しています。通常の美白化粧品などはメラニン色素の生成量を減らす効果はあっても、できてしまっているシミには効きません。しかしトレチノインはメラニン色素を押し上げることで、既に存在しているシミにも効果的なのです。

さらに長期的に使用することで表皮や真皮を厚くすることができるので、コラーゲンの生産の促進や真皮血管の新生などが起こります。これによって若返り効果が起こり、シワの改善も期待できるのです。ハイドロキノンと併用することで、メラニンの排出などにさらに高い効果を発揮することができます。妊娠中や授乳中の人や、治療薬の反応が強い人などは使用することができません。